スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル紹介記 その8・「西の地の果て。ロカ岬」

昨日リスボンで「ブログ見ました!」とsayした方がいらっしゃったので
「造船イベント (゜∀゜)キター」と思ったら
全然別の方との会話でした。違う意味で (゜∀゜)キタ-?

さなです、こんにちは(挨拶)

フリースタイル造船が気になって気になって。
13時20分くらいから公式をそわそわリロードしてたのに
今日は情報公開なかったのでかなりしょんぼしです。

さてさて、本日はユーラシア大陸の一番西に位置するという「ロカ岬」 をご紹介します。
DOLで地理学やった方はみんなご存知ですよね。発見物ですから!
大航海時代の歴史が好きでポルトガルに行く人は、ココに行かなきゃダメ、絶対!

先日ご紹介したシントラからバスで約1時間。
ゆえにシントラとセットで観光する人はかなり多いのです。

 

001
早速バスに乗り込んで車窓から。
ヨーロッパの家の屋根って、見るだけでワクワクしませんか?

バスに揺られ…ってレベルじゃない!
ものすごい勢い
で飛ばすバス。 道の横幅はバスのたった1.5倍くらい。
正直グロッキーです。く、車が苦手な人は酔い止め服用しましょうね…Orz

 

002 
やっと到着…。バス停を降りてすぐロカ岬なのですよ。
目の前に広がる大海原。過去にここからどれだけの船が旅立っていったんだろう。。。

 

ロカ岬

(風切り音注意です^^;再生の際は音量を下げていただくことをオススメします)

 

003
このでっかい柱みたいなものはロカ岬のシンボルとも言える石碑。
ポルトガルを代表する詩人
カモンイス(そういえばDOLのあの人を最近みないなぁ)の言葉が記されています。

 

Aqui... Onde a terra acaba e o mar comeca

 

 「ここに地果て 海始まる」って意味です。

 

004 
DOLで言 う「世界の果て」
大航海時代に生きる人は、それが本当に存在すると信じていました。
その先は地獄に続いている、とも。

西アフリカに行くのがせいぜいだった時代は

「南に行けば行くほど暑くなる。アフリカに住む人はあんなに黒いじゃないか!
この先は灼熱地獄で、身体が焦げたに違いない!」

そう言って逃げ帰ろうとする船員達を、船長はなんて言って船を進めさせたのでしょう。

「サウダージ」って言葉があります。あれはブラジル読みで
オリジナルは「サウダーデ」
日本語にははっきり翻訳できません。まったく同意義の日本語が存在しないので。

「懐かしさ」「未練」「懐旧の情」「愛惜」「郷愁」「ノスタルジー」「孤愁」
このあたりの単語を並べると、なんとなくイメージが伝わりますでしょうか。

家族が船乗りの帰りをずっと待つ。そのやりきれぬ想いが「サウダーデ」 とも言われており、
詩として表現され、音楽になり、ポルトガルの伝統音楽「ファド」につながっていくn…

す、すいません。語り始めたらきりがなくて(汗)

わたしが撮ったロカ岬の「サウダーデ」をご紹介して、この話題はシメにします。

 

008 
なんとなく…イメージが伝わりましたでしょうか。

 

009
さてさて、バス停の近くにはロカ岬の観光案内所があります。
観光案内所って言っても…ロカ岬は石碑以外に見るところって海しかないです。本当に。
周りを散策しても家と野原と山道しかないです。どこを案内してくれるのでしょうw

 

005
ずっとこんな感じです。
柵は最近設置されたようです。断崖絶壁ですしね^^;

 

006 
DOLのロカ岬もイメージに近いですね^^

 

007 
ちょw柵の向こうのがけっぷちでw自殺志願者ですかwwwww

話を戻して…観光案内所はバスの待合室として有効活用されてましたw

 

010 
内装も綺麗で、ちょっと楽しめちゃいます。

 

012
壁にかかってたアズレージョ。
「ポルトガルのガレオン」って書いてあります。かっこいい!

また「欧州最西端到達証明書」ってのを発行してくれます!(有料)
申請書にちょちょいと自分の名前を書いて、お金と一緒に担当者に出すだけです。
ちなみに普通のは5ユーロ、豪華なのは10ユーロです(1ユーロ=130円ちょい)

もちろんみんな書いてもらいましたよ!

 

013 
左から「JKK」「Shinamo」「Ferreira」
3人のメインキャラ名です。ふふふw

 

014 
帰りはバスと電車でリスボンまで直行コース。
シントラ周遊きっぷでリスボン-ロカ往復がフリーパスなので非常に便利^^

今回のポルトガルの紹介は、あと2~3回で完結となります。
次は夕方~夜のリスボンをご紹介する予定なので、よかったらまた見ていってください♪

 

(その9・「リスボンの夕暮れ」へ続く)

スポンサーサイト

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Ferreira

Author:Ferreira
ポルトガル所属の軍人のはしくれw
今はレアハントに夢中☆

さな顔

Author:さな
六カ国亡命済の船大工
最終的にネーデル所属で落ち着いた模様
造船はカンストしているも
自身のレベルが低いため改造が出来ないのがたまにきず><

-----------
and more...
最新記事
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Others

  • リンクにつきまして

  • 当ブログはリンクフリーですが
    リンクの際は何かご連絡いただけますととても喜ぶ習性があります☆

  • ご連絡などございましたら…

  • 下記メールアドレスまでよろしくおねがいします^^

    ferreira(あっとまーく)yuran.jp

    ☆黒ねこ時計☆
    ご訪問記録☆
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。